バリア機能の強化を望むならアトピー対策ができる化粧品を使用する

シミのない白い肌を作る

美容クリーム

ハイドロキノンは薬事法の改正により化粧品に配合することができるようになった成分で、高い美白力があることが人気の理由となっています。効果が高い分、肌への影響もあるため濃度の薄いものから利用するようにしましょう。

もっと見る

保湿美容液でうる肌

鏡を見る婦人

化粧水の役割は肌への浸透力を高めることです。保湿美容液を使う前に必ず使用しましょう。その後にはクリームや乳液を塗布する必要があります。こうした手順に基づきつつ、セラミドなどの保湿成分が配合されているものを使いましょう。

もっと見る

魅力的な目元になる

化粧

傷んだまつげを修復し、太く長く伸ばす効果があるのがまつげ専門の育毛剤です。医薬品は効果が強く、スピーディーに長く魅力的なまつげになります。非医薬品は化粧品の一種なので副作用の心配がなく毎日気軽に使うことができます。

もっと見る

肌バリアが弱い人のコスメ

手

まずは保湿をしっかりと

アトピー性皮膚炎の人がスキンケアアイテムを探す時には、選び方に気を付けることが大切です。まず水分の保持率が低いため、乾燥しやすいという性質があります。それは細胞間脂質のセラミドが、普通の肌よりも少ないからです。しかも乾燥しているためバリア機能が弱く、外からの異物を免疫細胞が攻撃するようになり、かゆみが出てしまうこともあります。かゆみのある場合は、まず無添加の化粧品でケアをしましょう。肌に水分を補うには、セラミドを補う化粧品を選ぶのがいいでしょう。その場合は必ず天然セラミド、あるいはヒト型セラミドが配合されたアイテムを選んでください。またコラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧品もお勧めです。特にヒアルロン酸には、天然保湿因子と似た働きがあります。

生活習慣の見直しも大切

またアトピー肌の場合は、新しい化粧品を購入する前には、パッチテストをしてみるようにしましょう。腕の内側など、皮膚が薄い部位に数日間続けて塗ってみて、特に異常がなければ使ってもかまいません。それからあれこれ化粧品を重ねづけすると、アトピー肌の場合はかなり負担になることもあります。できるだけシンプルケアを心がけるようにしてください。そして生活習慣も見直すようにしましょう。元々アトピー性皮膚炎は、自律神経のバランスを整えて行けば、徐々に治って行くことが多いのです。それには、規則正しい生活をして、睡眠時間を確保し、きちんと食事をすることが大事になって来ます。またきちんと睡眠を取ると、肌のターンオーバーがよくなってセラミドが作られ、かゆみも治まるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 バリア機能の強化を望むならアトピー対策ができる化粧品を使用する All Rights Reserved.