保湿美容液でうる肌|バリア機能の強化を望むならアトピー対策ができる化粧品を使用する

バリア機能の強化を望むならアトピー対策ができる化粧品を使用する

保湿美容液でうる肌

鏡を見る婦人

乾燥肌の人は普段から化粧水でケアをしていても、それだけでは不十分です。保湿美容液を使用することで保湿ケアをする必要があります。そもそも化粧水は肌への水分補給をして浸透力を高めるのが主な役割です。そのため、化粧水は保湿目的で使用するものではありません。実際に水に溶ける保湿成分というのはほとんどありません。ビタミンCは水と相性が悪くて化粧水では配合されません。化粧水はあくまでも美容液の効果を高めるために用いられるものです。美容液は成分が凝縮されているので、肌に使用すると高い保湿効果を期待することができます。乾燥肌の人はまず化粧水で肌を浸透しやすくして、その後に保湿美容液を塗布するとしっかりと乾燥肌を治療できます。

保湿ケアは化粧水の後に保湿美容液を使用して終わりではありません。保湿美容液を塗布した肌をクリームや乳液で閉じ込める必要があります。また、保湿美容液を使いすぎると、肌に本来備わっている保湿成分が過剰に多くなりすぎて、皮脂の分泌の乱れが起こることがあります。こうした注意点にも考慮して保湿美容液を使いましょう。また、有効成分が配合されていることも重要です。たとえば、その成分としてセラミドがあります。ヒト型セラミドやミルクセラミドなどの種類もあります。そうして、肌のハリやツヤを生み出してくれます。最近はセラミドと、ヒアルロン酸やコラーゲンが一緒に配合されているものも登場しています。シワやたるみを改善するのにも効果的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 バリア機能の強化を望むならアトピー対策ができる化粧品を使用する All Rights Reserved.